頑固な一重もパッチリ目に!

リーズナブルな費用で二重整形を受ける│綺麗になろう

施術の内容を把握する

ドクターとナース

パッチリとした目元を手に入れたくて費用が格安な二重整形を受けるという人が年々増えているようです。しかし、安易に受けてしまえば失敗をするリスクが高まるので施術に関する情報はしっかりと把握しておきましょう。

整形を知られたくない場合

カウンセリング

近年、メスを使わずできる二重整形が安い費用で受けられると人気を呼んでおり、若い人も率先して治療に挑んでいます。ただプチ整形では改善できない症例だとメスを使う他ないでしょう。その時に使える言い訳が沢山あります。

パッチリお目目になる

婦人

ぱっちりとした目元を手に入れたいという人々から高い人気を得ているのが、「埋没法」だと言われています。埋没法はプチ整形の中でもリーズナブルな費用なので手軽に受けられる美容整形として注目されつつあります。人気がある埋没法についてもっと知りたいのであればチェックしておきましょう。

まず、埋没法の仕組みについて紹介していきます。埋没法とは、まぶたに穴を開けて髪の毛よりも細い特殊な糸を埋め込み、綺麗な二重まぶたを作る施術です。手術は約20分程度で終わりますし、何よりもメスを使わないのでダウンタイムが非常に短いのも埋没法ならではの特長だと言われています。また、自分が望んでいる二重まぶたになれなかったとしても糸を抜いて修正ができるのも魅力の1つでしょう。

埋没法を受けるにあたって、多くの人が気になっているのは「どれくらい腫れるのか」という点でしょう。実は、埋没法の腫れ具合や期間は糸のかけ方の違いで異なってきます。例えば、腫れの少ないスタンダードな埋没法と言えば一点留めですが、腫れぼったいまぶたの人であれば、一点留めだとすぐに外れてしまうか、二重のラインが薄くなってしまう可能性があります。そのため、腫れぼったいまぶたの人は二点留めや三点留めが最適だと言えるでしょう。しっかりと固定される上に長い間、綺麗な二重を維持できるからです。しかし、二点留め、三点留めと回数が増えていくとその分、腫れがどうしても出やすくなるということを頭に入れておきましょう。

埋没法で起きた腫れを長引かせないためにも、手術を終えた当日は安静にするべきだと言えます。動いてしまえば、血流が非常に良くなるのでまぶたも腫れてしまいます。普段通りの生活を送るのは大丈夫ですが、激しい運動をするのはなるべく避けたほうがいいでしょう。また、大きな腫れが引くまでは、枕などを使って頭を心臓よりも高くして寝るようにするといいです。頭を高くせず、そのまま寝てしまえば腫れが出やすくなりますよ。そのほかにも、薄いタオルやハンカチに氷などをくるんで冷やすのもいいですし、入浴や飲酒、運動で身体を温めすぎないように注意するといいかもしれませんね。

リーズナブルな費用でメスを使用せずに、綺麗なぱっちりとした目元になる埋没法施術ですが、失敗やリスクがあるということも知っておきましょう。まず、1つ目に左右差が生じてしまうかもしれないということです。多少の違いは出てきますが、施術1か月ほど経っても大きな左右差が出て気になるのであれば施術をしてくれた医師に修正できるのか相談をしてみるといいでしょう。その次に、まれではありますが糸が出てくることもあるようです。皮膚側から糸が出てきた場合、放置をしても戻らないので、施術を受けた病院へ行き受診をしましょう。もし、糸がまぶたの裏から出てきて、眼球に異物感や違和感があるなら、なるべく早めに施術を受けた病院へ行くといいです。放置をしてしまうと眼球を傷つけてしまうかもしれませんよ。

ダウンタイムについて

レディ

今やメスを使わず手軽に二重の整形ができますし費用も安上がりなので、人気が出るのは当たり前です。しかし、ダウンタイムも少なからずあるため、治療を受ける前に覚えておきましょう。

術中の痛み

ウーマン

費用も手ごろで受けやすい二重の整形は、痛みを気にして中々踏み込めない人もいます。どの程度痛みがあるのかを施術前に知っておけば、整形を前向きに考えることができます。

優良クリニック選びの基本

女性

二重まぶたを手に入れたいなら美容整形クリニックで施術を受けましょう。しかし、二重まぶたの施術を安易に受けてしまうと、理想の仕上がりにならないかもしれません。失敗を避けるためにも費用がリーズナブルで信頼できるクリニックを見つけだすといいです。